脱毛は就職前にやっておきたい

脱毛をはじめたら複数回は通うことになるのが脱毛ですが、基本的にお酒を前日に飲むことは控えなければなりません。

 

飲酒をしてしまうと体内の血流が良くなりすぎてしまうため、脱毛時の炎症をさらに悪化させる可能性があるためです。

 

施術を受けた当日の夜などは間違ってもお酒を口にしてはいけませんが、それは前日にも当てはまります。

 

お酒を飲んだら体内にはアルコールが、12時間は残ってしまうためです。

 

どれくらい飲むのかの量だとか、時間帯にもよりますので、ほんの少しだけ飲んでいて時間もしっかりと空けていれば、施術でもトラブルが起きる可能性は低いです。

 

しかし二日酔いでダウンするくらい明らかに大量のお酒を飲んでしまった場合、そのまま脱毛を受けるのではかなり危険だと言えます

 

もちろんばれなければ、医療機関であっても、脱毛サロンであっても照射はしてもらえるはずです。

 

しかし自身で困った状況にしてしまうことがあります。

 

もしも体内に過度のアルコールが残った状態で、一瞬とはいえ細胞を破壊するほどの熱を加えるわけです。

 

当然肌に炎症がおきます。

 

脱毛は軽いやけどをしているのと同じなので、体調が通常でないときは、相互作用を引き起こします。

 

飲酒で血流が良くなっているので、細胞はいつも以上に敏感になっている可能性があります。

 

て゜すので通常では問題ない光やレーザーの照射で、より強い痛みを感じる辛い時間になるかもしれまん。

 

やけどの度合いも酷くなったり、赤くなってずっと痛みが続いたり、毛嚢炎になったり、いろいろな可能性の確率が上がるのです。

 

また何となく具合が悪くなったり、風邪をひいたわけでもないのに、熱っぽい差を感じることもあり、その後体調不良で仕事などに影響が出るかもしれません。

 

このように、肌に赤みが出やすくなったり、かゆみを生じたり、ぶつぶつが出たりと皮膚の問題を引き起こしたときに保証があったとしても、

 

飲酒しているとわかった場合は、保証もしてもらえなくなり、治療も自己負担ですし、シミや赤みなど残っても自己責任になります

 

つまり良いことは何一つもないので、できるだけ脱毛の前日には飲酒をしないようにしましょう。

 

どうしても避けられない誘いなどの場合は、できるだけ量を減らして、体内に残らないようにしましょう。

 

予約をキャンセルするとい手もありますが、混んでいると次の予約まで何ヶ月もとれなくなり、毛の周期に合わせた効果的な脱毛ができなくなるので避けたいところです。